遠州特産おはたき餅 

静岡県遠州地方では昔から砕米(うるち米)をついてお餅にして食べます。
これを「おはたき餅」と呼びます。
もち米のお餅の様には膨らみません。
歯切れも良くさっぱりとした味は、お年寄りやお子様にも
喜ばれる懐かしいお餅です。
お雑煮やお汁粉に入れたり、焼き餅にして食べるのも美味しいです。

「おはたき餅」の由来

遠州地方、特に大井川から天竜川に挟まれた地域は
昔は水に不自由で穀物の収穫量が少なく市場に出せないくず米や
脱穀などで落ちたお米を拾い粉にしてお餅にします。
このお餅をお雑煮や焼餅にして食べていました。

はたき餅の名前の以来は粉にすることをこの辺りでは「はたく」と言われ
ここからこのお餅のことを「はたき餅」と呼ぶようになったと言われています。
おはたき餅の歴史は江戸時代からあるといわれています。

ついたお餅はころころと丸めて円筒形にしてまるでバットのような形をしています。
これを食べやすい厚さに切って使うので丸い形をしています。


昔はくず米などを使って作っていたのでぼそぼそした食感で色も黒っぽいものでしたが
今のものは上等なうるち米を使って作っているので味も口当たりもとっても良くなっています。

****ロ−カロリ−の健康食です****

消化も良く、胃にもたれる事もないので野菜をたっぷり入れた雑煮などに利用して食べると
健康にも良く、この頃では糖尿病の食事にも利用している人も多くなってきました。


歯切れも良くさっぱりとした味は、お年寄りやお子様にも喜ばれる懐かしいお餅です。
お雑煮やお汁粉に入れたり、焼き餅にして食べるのも美味しいです。


おはたき餅はそのままの白い色のお餅、
ヨモギを混ぜて作る緑色のヨモギ餅があります。

駅のお土産屋さんや、道の駅でも販売しています。
(カットして真空パックしています。)


roko'scooking
「遠州の懐かしいおはたき餅」
@きなこと和三盆をボ−ルに入れる
A塩を少々入れて良く混ぜる。

B海苔はお餅の大きさに合わせて切って置く。
  
Cフライパンで油を引かずに両面焦げ目がつくまで焼く。
 焼き加減は普通のお餅の様に膨れてこないので指で押さえて柔らかくなればOK!!

   
Dきなこもちはお湯に浸してからAに入れて全体にまぶす。
   
E磯辺餅は生醤油をつけてからBで巻く。
 
Fお皿に盛ってきなこを添えて召し上がれ〜〜!!
 

熱いお茶と一緒に食べると美味しいです〜〜☆

「焼き餅」

   

カットして真空パックしています。(賞味期間・・・常温で2週間位。販売期間・・・11月〜5月まで)
ご注文はこちら・・・

 
 

大場製粉
           
遠州特産おはたき餅

おはたき餅は昔から遠州地方に伝わる懐かしいお餅です。
さっぱりとした食感で、健康志向の方々に支えられ
美味しいお餅つくりに励んでいます。
真空パックで衛生的にも消費期限も安心して
お召し上がりいただけます。

美味しいおはたき餅を目指し皆様に安心して食べていただけるよう
細心の注意を払い作っています。
昔のはたき餅とは違った進化したお餅をお楽しみください。

こだわりのフル−ツ クラウンメロンキウイフル−ツ治郎柿みかん・・いちごいちじく
こだわりの野菜 とうもろこし・フル−ツトマト・からふるトマト. 海老芋・しろねぎ・森のお茶・春野のお茶・生梅・森のお米・たまご
こだわりの美味しいもの  あまざけ・きんざんじ・味噌・ほしいも・梅干し・干し柿おはたきもち
 トップペ−ジ お届けについて(送料 ショップ情報・お支払方法      roko's cookig ブログ